忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


[PR] |
精神保健福祉士と新しいタイプのうつ病患者への対応
最近統合失調症の方とよりも外来にはうつ病の方が増えているようです。でも最近どうもこのうつ病という病気も、違った症状を持つような人が増えているようです。

例えば、うつ病と言えば自分を責めてしまう、とっても気まじめで神経質な人というイメージがあると思いますが、最近は非常に他人を責めるようなイライラ感の強い、ちょっと自己中心的なうつ病の方が増えているようです。

もしかしたら、人格障害と紙一重なのかもしれませんが、そういった新型うつ病の方に対しては、従来のようなイメージでうつ病の方と接するということももう一度考え直さなくてはいけなくなるかもしれませんね。

それでも精神保健福祉士としては、統合失調症の方だけでなくこういった新しいタイプのうつ病の方とも接する機会は増えるかもしれません。

また、勉強しなくてはいけないようです。


新型うつ病の症状について
PR

精神保健福祉士と新しいタイプのうつ病患者への対応 | Comments(4) | TrackBack(0) | 精神保健福祉士のお仕事

| 精神保健福祉士 情報ブログ |

ブログテンプレート
忍者ブログ[PR]